売上アップ間違いなし

印刷機

マーケティングしよう

チラシ印刷をして、近隣の地域に配布すれば必ず売上アップにつながります。まず、どの地域に何の目的でチラシを配布するか、きちんとマーケティングします。そして、自分の店に来る購買層を考慮し、チラシの校正やレイアウトを考え、工夫する必要があります。年配者が主な顧客の場合文字が小さいと呼んでもらえません。若い子は文字や写真が小さくても興味がある内容なら読みます。雑誌のレイアウトを参考にしてください。チラシはというお店の目玉商品を目立つように、また価格もちょっと単価の高いものを目玉にするといいです。価格単価は高い方が良いのです。チラシの印刷のみを外注し、自分でチラシの構成やレイアウトを考える場合は、お店の若い子などにレイアウトを考えてもらったりするといいです。また、価格の間違いのないように最低3人以上でチェックを念入りに行います。チラシ印刷を外注すると、予算内でレイアウトをイメージ通りに仕上げてくれます。普通、印刷所内で校正をかけてくれるので誤植の心配がありません。お店の予算に合わせてチラシ印刷することをお勧めします。チラシを見て興味を持ってもらえるよう、店長や店員のオススメを顔写真入りで手書きで載せたりするのも効果的です。例えば、食材なら調理例、便利グッズなら活用例も積極的に掲載します。店の名前、営業時間や地図、電話番号など基本情報を正確に掲載することをお忘れなく。さらに、紙の色や質にもこだわってチラシ印刷をしたいものです。