どこまで頼むかを考えて

デザイナー

安さ重視ならネット印刷

チラシ印刷に限らず、現在ではデジタルデータを使用しての印刷工程が完全に主流となっています。はじめに、このデータを自前で用意するのか、あるいは業者に依頼するのかを考える必要があります。印刷を発注するにあたって必要になるのがレイアウトデータで、さらに、写真やイラストを使用する場合はそれらの画像データも用意します。なかでもレイアウトデータは印刷用データ作成専用の特定のアプリケーションソフトを用いて作る必要があり、一般の人にとってはやや敷居が高いといえます。自分で作成するためには、印刷について一定の専門知識も求められ、またソフト自体も高価であることから、それらのスキルや経験のある人以外は業者にお願いするのが無難であり、一般的といえるでしょう。デザイン・制作から印刷までトータルで手がける印刷会社であれば、すべてを一括で依頼することができ、もっとも簡単です。デザイン会社などに作成を依頼して、データを印刷会社に持ち込むという方法もありますが、データのやりとりなどすべて自分でやらなければならず、データ不備などトラブルが発生した際の対処のことも考えると、やはりある程度の知識を持つ人向けの方法と考えるべきでしょう。 なるべく低コストでチラシ印刷をという安さ重視の人ならば、近頃盛んになっているネット通販型の印刷業者を検討すべきでしょう。前述のデータを自前で用意できるなら、極めて低価格でのチラシ印刷が実現できます。またデータ製作から依頼したい場合も、多くの場合別途オプション料金が必要ではあるものの充分検討する価値はあります。具体的な料金は各社のwebサイトに詳しく掲載されていますので、チラシ印刷だけでなく名刺・DM製作などに上手に利用するとよいでしょう。